PMID: 19482789 DOI: 10.1177/1557988306298623

勃起不全の治療:最新情報

勃起不全(ED)は、満足のいく性的活動に十分な勃起を達成および維持できないことです(国立衛生研究所コンセンサス会議:インポテンス[NIH]、1993)。研究者は、複雑な神経および血管経路の理解に大きな進歩を遂げました。正常な勃起機能に不可欠です。平滑筋生理学、内皮細胞機能、中枢神経制御、および海綿体における一酸化窒素(NO)や血管作動性腸ペプチドなどの神経伝達物質の調査により、特定の薬剤を設計、開発、および使用して、正常な生理学を再現することができました。以前は無力と呼ばれていた男性の海綿体の機能を回復し、勃起機能を回復させます。現在、EDにはいくつかの治療オプションがあります。血管作用薬、経尿道的血管拡張薬、および真空収縮装置(VCD)の海綿体内注射(IC)は、有効性と満足度の範囲が変動する安全な非外科的治療です。これらのエレクタイド治療はすべて、潜在的に効果があり、個々の患者に優れたコンプライアンスをもたらす可能性があります(Padma-Nathan、1997)。

【勃起の分子生理学】
末梢神経系と中枢神経系の両方が、陰茎の勃起につながる複雑な生理学的反応に関与しています。
勃起が起こる前に、海綿体の中央海綿体動脈は、陰茎への血流を増やすために拡張する必要があります。 この血流の増加は、海綿体の平滑筋の神経終末からのNOの生成と相まって、海綿体の平滑筋の弛緩を引き起こします(Anderson&Wagner、1995)。

【勃起不全の標準治療真空収縮装置(VCD)
私たちの経験によると、RP後のVCDの毎日の使用(狭窄リングの有無にかかわらず)は、体の充血を維持するか、一過性神経伝導障害の期間中に膣性交を達成するために、高いコンプライアンス率62/105(60%)と関連していました。 合併症。 このシリーズのうち、6か月の患者の59%が、週に2回の頻度でVCDとの性行為(膣性交)を行ったと報告しました。

TOP
Translate »